製造の最適化

最適な部品加工のために

さまざまな部品加工を行うさいには、それにあわせたかたちの金型が必要になります。金型は専門業者に依頼をすることによって、オーダーメイドでつくることができます。ですから、どのような部品加工を行うのかについてよく理解することが求められるのです。部品について熟知した担当者が金型の発注をしてください。金型の専門業者はミリ単位の正確性をもって金型を製作しています。ですから、金型の発注の際にはとても細かな指示が必要となるのです。また、試作品の段階で修正が入ることもあります。その作業を繰り返すことによって、使用することのできる金型をつくることができるのです。部品加工においては細かな作業が必要となりますが、金型製作がその最たるものです。

部品を加工する行程のコスト

部品加工を行う場合、行程のどこでコストカットをするのかという判断が重要となります。全ての行程においてデフォルトのまま稼働していると、相当な無駄が発生してしまいます。ですから、部品が加工しおわるまでの行程で無駄を発見することが求められるのです。たとえば、部品加工のレーンにおいて人材がひとり足りないとします。人手が足りずに作業がとまってしまうことも無駄のひとつです。そのようなことを見つける眼力が生産管理担当者には必要です。部品加工を行うための価格は部品によって、大きな幅があります。部品ひとつひとつのサイズや金型の発注の必要性など、多くの行程での価格が最終的なコストとなります。まずは平均価格を試算してください。