光を通す

カーボグラスはシート状の光を通すフィルム状の素材のことです。 同じ厚さのガラスに比べて強度は約200倍、アクリル樹脂の約30倍という性質を持ち、重量はガラスの半分で耐熱性としてもマイナス40度から125度まで耐えられる性質を持ちます。 火が燃えて広がることなく自然と消える性質を持ち、しかも有害なガスも発生しません。スポーツ施設や室内プールの屋根材として利用することが出来、国の認定を受けている製品です。 カーボグラスの価格は一般シートで板厚2mmの場合は1000mm×2000mm1枚当たり約1万3千円、3mm厚で1000mm×2000mmの場合は約2万円、5mm厚だと同寸で約3万4千円というのが相場のようです。

カーボグラスの金額や価格傾向については、ハードコートグレードも成長しつつあり、輸出も伸びて来ています。 今後も共同住宅のベランダの腰板やカーポート屋根部分、事務所やレンタルルームのスタンドパーティション、暴風や防雪壁、シェルター屋根や歩道橋の腰板、スケートリングのフェンス、モニターのカバー、自動販売機の全面部分の窓、駅構内におけるビルとビルとのつなぎの天井板、照明器具のカバー、住宅における天窓の材料や車両用の風防用の材料、看板材料としての素材など用途は無限大にも広がっていますのでカーボグラスの需要も今後は伸びるという予測がされています。よって今後価格は下がって行くものと予想されます。現に通販サイトにおいては格安な値段で販売が行われているようです。